imageloading...


安倍首相と菅官房長官に結婚の報告を終え、記者の質問に答える小泉進次郎氏と滝川クリステルさん(8月7日、首相官邸で)

imageloading...


画像はイメージです

imageloading...


画像はイメージです

imageloading...


画像はイメージです

小泉進次郎さん、滝川クリステルさん、ご結婚おめでとうございます。小泉さんとは以前、少子化対策についてじっくりと話をしたことがあります。その後も様々な会合でもお目にかかっていますが、どのような場でも好印象を残して、爽やかに去っていきます。そんな小泉さんの「結婚」に関して、私や私の友人たちのような「うるさ型の働く女性」は、「どんな人と結婚するんだろうね」「15歳ぐらい年下の女子アナやモデルじゃないといいね(偏見です。すみません)」などと好き勝手に語っていたものです。

「進次郎」+「滝クリ」は「圧が強い」

みなさん、すでにご存じのように、衆議院議員の小泉進次郎さん(38)とフリーアナウンサーの滝川クリステルさん(41)が8月7日に結婚を発表し、翌8日に婚姻届を提出しました。

気になっていた小泉さんの結婚相手が、滝川さんという年上の女性で、しかも年明けには出産予定という「授かり婚」。改めて2人が並んでいる姿を見ると、美男美女というだけでなく、完璧な「パワーカップル」として文句の付けようがありません。「圧が強い……」とわざわざLINEで連絡してきた友人もいましたが、私の周囲の働く女性たちは、おおむね好意的に「お似合いのカップル」と受け止めたようです。

この2人の結婚に世間がどのような反応を示すのか、その後のワイドショーや報道の行方を注意深く見ていました。これまで目立ったスキャンダルのなかった小泉さん。2人の交際が誰にも知られなかったために、メディアは交際の経緯などの続報を打ちようがなかったようです。これほどのビッグカップル誕生にもかかわらず、報道合戦は意外なほどあっけなく終わってしまった印象があります。

実際は小泉さんの過去の彼女がどうとか、滝川さんの元彼が誰だったかといったことはチラホラと出ていましたが、大した話題にはなりませんでした。ゴシップ好きが、なんとかこき下ろそうとしても、なかなか落ちないのがこの2人。もちろん、イジワルな意見やうがった見方もあるかと思いますが、下手に批判をすれば、逆に「ひがみ」「ねたみ」「嫉妬」などと反発を招きかねません。結局、持ち上げるしかないとなると、この手の話題はさっと引いてしまうものなのですね。

とらわれない「政治家の妻はこうあるべき」

むしろ、今後話題となりそうなのは、「政治家の妻」問題です。これについて、滝川さんは自身のインスタグラムでこのように書いています。

私が今までイメージしてきた、「政治家の妻はこうあるべき」という形に捉われず、私らしく、ありのままの生き方、スタイルを尊重してくれることを話し合う中で感じることができたことも心強く感じました。私はこれからも仕事を続けながら、滝川クリステル、小泉進次郎という個人を同志のような気持ちで高め合えるような夫婦関係を築いていきたいと思っています。

滝川さんは、「地元で夫の選挙区を守る」というステレオタイプな「政治家の妻」と一線を画すことを早々と宣言しています。男性政治家の中には、「女性は家にいて、子育てをしっかりして、夫を支えてほしい」と内助の功を期待する人が少なくありません。何も主張しないタイプの女性なら、「未来の総理をしっかり支えます」で終わってしまったでしょう。しかし、滝川さんはどうも違うようです。しっかりと自分の思うところを主張する新しいタイプの「政治家の妻」になりそうです。

「滝クリ」+「政治家の妻」の影響力

小泉さんは「育児休暇取得」をぜひ実現してほしいと思います。初めてお会いしたころの小泉さんは、夫婦や家族に対する考え方がいかにも自民党議員らしい保守的なものでした。ところが、滝川さんが心強く感じたという妻の仕事やライフスタイルを尊重するという小泉さんの姿勢は、きっと滝川さんが大きく影響を与えたのでしょう。

このように、「女性がモノ言うこと」は、実はとても影響力があります。「育休を取得した」「妻の名字にした」という男性に話を聞いてみると、きっかけは男性側が「自分から言い出した」というわけではありません。女性側が「あなたも育休を取るのよね」とか「私は自分の姓を変えたくない」と申し立てなければ、ほとんどの男性は「気づかない」問題なのです。

「そうか、自分も育休を取ってもいいんだ」

「なんで、結婚したら必ず夫の名字にするって思い込んでいたんだろう」

男性の多くが、言われてみて初めてこんなふうに気がつくのです。男性の「気づき」によって、変化がもたらされたことがたくさんあります。ソフトウェア開発の「サイボウズ」の青野慶久社長は「奥さんが姓を変えるのが嫌だ」と言ったのがきっかけで、何げなく妻の姓にしたそうです。すると、「会社の登記から変えなきゃいけなくて、不利益が多い」と気づいたため、夫婦別姓を求める裁判に踏み切ったのです。

「進次郎」+「育休取得」の効果

夫に「気づき」を促す「モノ言う妻」の存在は重要です。特に、小泉&滝川のようにさまざまな方面に影響力のある“パワーカップル"の場合はなおさらです。滝川さん、ぜひ小泉さんにたくさんの「気づき」を与えてくださいね。

「子育ては女性」という保守的な考え方がいまだ根強い日本だからこそ、小泉さんが育休を取ることの影響力は大きいはずです。昨年9月、ニュージーランドの女性首相、ジャシンダ・アーダーンさんが国連総会の会合に、生後3か月の長女を連れて出席しました。つい先日もニュージーランドの国会で、議長席に座る議長が手慣れた様子で赤ちゃんをあやしている映像が話題になりましたよね。その赤ちゃんは、別の男性議員と同性カップルの子どもだそうです。

この映像は、「子ども好きな男性議員のほほえましい姿」にとどまりません。「議会に子どもをつれてきてもOK」「同性カップルのお子さんの誕生を心から祝う」というメッセージが込められています。誰も、「神聖な仕事場に女、子どもは不用」とか「同性カップルは生産性がない」なんて決して言いません。

「未来の首相」との呼び声もある小泉さんです。育休取得経験のある初の「総理大臣」となれば、そこにはどんなメッセージが発せられるでしょう。

 ・日本は男性の育休取得を推奨している

 ・育休取得する男性は評価(好感度)が上がる

 ・男性も育児をするのが当たり前

 ・夫婦はそれぞれの働き方や生き方を尊重する

「小泉進次郎の育休」は、たとえ言葉にせずともこうしたメッセージがジワジワと広がるはずです。それは、最も効果的な少子化対策につながるはずです。